保護中: 10月度課題

9月 26, 2008

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

広告

e-MedTrans.NET立ち上がる  試験運転中

5月 1, 2008

 昨日、e-Medtrans.NETを立ち上げました。医薬翻訳塾の受講者の方と使えるcyber空間を作りたいと思い、休止させていたdomainを再度投入しました。Google APPsで動かしているので、かなりの機能が簡単に実現できます。現在、DNSの設定の変更の最終段階です。パラメーターによっては24から72時間かかることもあるので、しばらくは試運転です。その後、使い方を考えて行きます。

 医薬翻訳を目指されているかたへ: この時代はweb経由の仕事も馬鹿にならないくらいに入ってきます。でも、ただwebがあっても誰も来ません。Web戦略、間違っていない(正しい)SEOなどが翻訳者にも必須です。最近、domain名の枯渇が進んでいるので、domainの取得も早めに!


Domain Transferの不安

4月 26, 2008

一番最初にdomain登録したのはInternetの黎明期でしたので、domainの管理は長い間やっています。そして、かなりの数のdomainを管理しています。たとえば医薬翻訳の仕事の関係だけでも、e-MedtTrans.Com e-MedTrans.Net  e-MedTrans.co.Uk MedTrans.co.Uk e-Honyaku.jpなどがあります。今回、DNSの設定変更を自由にするためにMedTrans.co.Ukの登録事業者を変えました。すでに何十ものdomainの移転をしているのですが、UK domainは初めてです。 

ちょっと今回は、驚きました。驚くほどの短時間で移転できてしまうんです。「セキュリティー的にどうなの」っておもいましたね。「移転しますよ、いいですね」という類の確認すら無いのですね。移転先のTAGを管理画面に入れたとたんに移転が完了してしまう感じです。驚きです。同時に怖いですね。

 

 

 


e-honyaku.jp(本館)のリニューアル作業

4月 4, 2008

e-honyaku.jpのサーバー移転、リニューアル作業については銀髪マンblogに書いたところです。DNSのNSレコードを書き換えたら、URLにWWWを付ける参照できるが、付けないと参照出来ないエラーが起きていた。このdomainをJPRSの直販部門JP DirectにおいているのでJP Directからのエラーが出ていました。時間の経過とともに解消する予定です。同じ理由で、一部のweb page参照時に同様にエラーが出るのですが、同じ理由で起きていものと推定しています。ご承知ください。

翻訳関係では、e-MedTrans.CO.UK domainもコンテンツを付けて稼働させる準備をしています。Google APPを使ったのですが、どうもFTPでコンテンツが送り込めないようなので戦術を練っています。また、e-MedTrans.Com  e-MedTrans.NET MedTrans.Co.ukなどとの使い分けも戦略を練っています。

特許戦略と並んで、あるいはそれ以上にdomain戦略に力を入れています。仕方ないので商標にも多少のコスト支弁をしています。なんだか、面倒でお金の掛かる時代です。 ぼやき半分、お知らせ半分の記事となりました。